マンションのバルコニー(ベランダ)に水道を引いた1


 4.工具

塩ビ管用カッター

塩ビ管カッター

塩ビ管カッター

sDSCN3487

ホームセンターで1000円くらいで売っています。塩ビ管用ですが、架橋ポリ管を切るのに使えます。

普通のカッターでも十分切れますが、架橋ポリ管は管方向に対してきちんと垂直に切らないと水漏れの原因となります。

このカッターなら綺麗に垂直に切れます。私は不器用なので、このカッターを使いました。

スパナ2本

スパナ2本

スパナ2本

水道工事では必須です。最低2本必要になります。

写真はモンキレンチなので、ナットの径に自由に対応できます。

下のノギスは必須ではありません。

下地探し「どこ太」

sDSCN3418 sDSCN3419 sDSCN3421

石膏ボードに突き刺して、裏に下地の木材があるかどうかを調べる道具です。

今回は、壁や天井に架橋ポリ管を通す穴を開ける場所を探すために使います。

壁に刺してみて、グッと入っていけば、下地なし。途中で止まれば下地あり。

写真は奥まで入っているので、下地がない場所です。

使うと針穴が空きますが、ほとんどわかりません。

 32mmホールソー

32mmホールソー

32mmホールソー。先っちょの赤いの。

13mmの架橋ポリ管の継手を通すための穴開け用です。

ドリルをお持ちでない場合は、ドリルも必要です。(写真はスクリュードライバー)

部品説明で、32mmが推奨となっていたので、このサイズを買いました。

これは、軸が六角ですので、スクリュードライバー用です。

配管引き回し用のヒモ

sDSCN3925

5mmくらいの丈夫なヒモです。

配管ルートにこのヒモを通し、架橋ポリ管をつないで引っ張ります。

狭い場所を通る時には結構な力が掛かりますので、丈夫である必要があります。

予備ヒモ

予備ヒモ。スーパーなどでも手に入るビニールヒモです。

予備ヒモ。スーパーなどでも手に入るビニールヒモです。

前述の丈夫なヒモを通す前に予備的に使いました。

通線ワイヤー

通線ワイヤーです。

通線ワイヤです。

壁の中、配線配管の中に線を通すときの定番の道具です。

配管が無い場合、直進性に劣るので今回は塩ビ管と併用します。

塩ビ管

塩ビ管

塩ビ管

sDSCN3179

塩ビ管から顔を出しているのは、通線ワイヤの頭です。

今回は水道管の材料としてではなく、通線ワイヤを誘導するための工具として使います。

養生テープ

sDSCN3934

ホームセンターなどで手に入ります。粘着力がほどほどで、張ったりはいだりがやりやすいです。

壁紙なども傷みません。今回は、連節塩ビ管を作るのに使いました。

その他の工具

カッター、ビニールテープ等々、どこの家庭にもありそうなものは省略します。

5.施工

長くなりすぎたので、続きは次回に。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。