スギ花粉舌下減感作療法(舌下免疫療法)3週目突入


前回はこちら

シダトレンによる舌下減感作療法、3週目に突入

昨日から3週間目に入りました。開始後の2週間は「増量期」といって、身体の反応を見ながら、取り入れるスギ花粉エキスの量を少しずつ増やししていく期間でした。

私の場合、その期間中これといった症状も出ず、無事に通過しました。

昨日からは、毎日一定量のシダトレンを滴下していきます。

3週目以降(増量期終了後の定量期?)のシダトレン。2週間分。

3週目以降(増量期終了後の定量期?)のシダトレン。2週間分。

sDSCN5377

sDSCN5376

 

少し、飲みにくいです。塑性変形する素材なものだから、フタをちぎって口の上で逆さにするだけでは中身が出てきません。

両手を使って、チューブをしごいて「絞り出す」動作をしないと中身の薬が全て出てきません。

慣れればよい類のものですが、結構面倒です。コスト削減でこのパッケージなのかも知れませんが、イマイチですね。

 

3週目以降のシダトレンの取説。

3週目以降のシダトレンの取説。

torisetsu32

今後はこれを毎日1回舌下に滴下。3年以上。

これから毎日一回、この薬を舌下に滴下していきます。

医者からは最低3年続けるよ、と言われています。

 

特に体調に変化もないので、来年の花粉症の時期までは特に変化はないんでしょう。

次は、何らかの体調の変化があった場合や、花粉が舞い始める時期のアレルギー反応の様子について書いていくことになるのかな。

 

2週間に一度の診察時の、病院での待ち時間が苦痛

診察も30秒ほどで終わるし、薬局でも薬はすぐ出てくるので、これだけなら2週間に一度あってもまあ、覚悟の範囲で我慢できる感じです。

ところが、診察までの待ち時間が尋常でなく、これが苦痛でした。待ち時間1時間半。これではその日は、ほとんど午前中は潰れてしまいます。

この病院は時間予約制がないので、この待ち時間が不可避なんです。

サラリーマンの私は土曜日にしか通院できませんで、これから数年間、2週に一度は土曜日の午前中が潰れてしまう、ってのは結構な負荷です。

この待ち時間の苦痛は、今後の治療効果の出方次第では、継続するかどうかを天秤にかけて考えちゃうくらいの話です。うまい時間の潰し方とか、工夫しないとやってられないですね。

スマホで患者の待ち状況を外から確認できるようにしたりはしてますが(最近よく見かけますね)、それでも周囲で時間を潰さないとならないことには違いないですがね。

 

それでまた、ものすごく待たされてる時は、病院スタッフは結構、患者待たせることに平気な顔しているように「見える」んですよね。

口では一応「お待たせして済みません」とは言ってくれますが、根本的に一人当たりの待ち時間を短縮するための措置はしないし、「だってしょうがないじゃん、患者がたくさん来るのに医者一人なんだからさ」って顔に書いてるんですよね・・・と、「見えます」。

 

いや、これは少し言い過ぎですね。

待たせていることを自覚しているわけだし、申し訳ないとも思っている。与えられた環境の中で、いろいろな工夫をしている。これは確かです。

 

私はサラリーマンで、仕事場では10分刻みのスケジュールで仕事をしています。仕事で関わる相手も同じペースで仕事をしていると思うので、相手の時間に無駄が出ないよう段取りをすることに、ものすごく注意を払います。

その私から見ると、20人ちかくの人々が、病院の待合室でそれぞれ1時間以上、何もせずに待って座っている光景を見ると、とても異様な雰囲気に感じます。こんなのを毎日見ていたら、人に対する何かの感覚が麻痺してしまいそうに思います。

 

20人待たせるということは、時給1000円としても20人で2万円。待合室に常に20人いるとして診療時間が5時間なら10万円。これは社会的ロスです。(その間お医者さんは保険点数を確実に積み上げていって稼いでいらっしゃるわけですね・・・)

患者がたくさん来れば時間がかかるのはシンプルにわかりますし、病院側にも様々な事情があって今の形になっているのだろうとは思いますが・・・

 

それでもなんか、もうまったく改善の余地が無いとは思えないし、私の目からすると、医療業界の人たちって、患者の時間を無駄遣いさせないって観点での改善工夫って、あんまり考えてないよな~って、感じます。供給者本位目線。

たとえば、日曜休診が当たり前だったりしますし。これってカルテルですもんね。

世の中には平日仕事をしている人のほうが多いのにね。

 

というわけで、最後は愚痴でした。この治療、どうなることやら・・・

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。