イオンSIMを解約し、OCNモバイルONEに乗り換え(980円→980円)


いまさら、というネタですが、イオンSIMを解約。OCNモバイルONEに乗り換えました。large_4773693893

いつの間にかイオンSIMは最安のSIMではなくなっていたんですね。

月額980円でパケット通信使い放題(150kbps制限)との触れ込みで衝撃的なデビューを果たしたイオンSIMでしたが、昨年の段階で「イオンSIM終了」と揶揄するこんな掲示板記事も出ていました。
(ちなみに、イオンSIMのサービスは継続していますよ)

 

うちはどちらかというと、モバイルデバイスが多い方で、私もヨメもガラケーとスマホの2台持ちです。
スマホでは通話はしづらいし、スマホ見ながら通話、なんてときは便利です。
当然スマホに求めるのはデータ専用でよいので安いプランということになります。

「Skype」や「050Plus」などのIP電話サービスへの統合でガラケー解約できるなら、スマホ通話を頑張ろうかとも思いますが、IP電話はまだまだ品質が・・・(電車で移動中などは全然ダメ)

LTE対応のスマホを購入したの契機(GalaxyS4)に、LTE対応のMVNOサービスを調べていたところ、冒頭のOCNモバイルONEを見つけました。(旧、OCNモバイルエントリーd LTE)

「OCNモバイルONE」と「イオンSIM」を比較すると・・・

悲しいほどにイオンSIMを選ぶ理由がありません。

イオンSIM (データ通信専用150kbpsプラン)

  • 速度制限 :常時150kbps以下。プランにより、400Mbps、”Mbpsクラス”あり。
  • 通信量制限 : 通信量制限無し。
  • MVNO卸元 : 日本通信(b-mobile) その先はNTTドコモ
  • 月額使用料 : 980円/月
    • プランにより、2980円/月、4980円/月
  • 初期費用 : 3000円(くらいだったと思います)
  • 契約期間の縛り : 無し
  • 購入場所 : 店舗(イオンの携帯コーナーなど)。
    • イオン品川シーサイド店で手続きに20分くらいかかりました。
  • 利用開始後のプラン変更 : 可。専用webページ。
左がOCNモバイルONE(micro sim)。右がイオンSIM。アダプタセットは100円。 小さいのを買っとけばアダプタでどのスマホにでも使えます。

左がOCNモバイルONE(micro sim)。右がイオンSIM。アダプタセットは100円。
小さいのを買っとけばアダプタでどのスマホにでも使えます。

 


OCNモバイルONE (旧:OCNモバイルエントリーd LTE) (データ通信用30MB/日プラン)

  • 速度制限 : 無し。(LTEの速度112.5Mbps) 3G専用機でも使えます。
  • 通信量制限 : 30MB/日。これを越えると200kbps以下に制限。
    • プランにより、60MB/日、1GB/月、2GB/月などあり。
  • MVNO卸元 : 自前(NTTコミュニケーションズ) その先はNTTドコモ
  • 月額使用料 : 980円/月
    • プランにより、980~1780円/月
  • 初期費用 : 3150円
  • 契約期間の縛り : 無し
  • 購入場所 : ネット通販。
    • 私はamazonで注文。朝注文してその日に届きました。
    • 利用開始はweb上で個人情報やカードデータを登録すればOK。すぐ終わります。
    • 手続きが終われば即つかえます。
旧OCNモバイルエントリーd LTEパッケージ。 サイト上では新旧商品区別無く「OCNモバイルONE」として使えます。

旧OCNモバイルエントリーd LTEパッケージ。
サイト上では新旧商品区別無く「OCNモバイルONE」として使えます。

※両者とも他にもプランはあります。

上記を見る限り、OCNは一日30MBの制限があるものの、30MBを越えても200kbpsの通信は継続します。

常時150kbps制限のイオンSIMとの勝負では、この時点で「勝負あり」です。

イオンSIMの通常速度が、OCNの制限後速度より遅いのに、月額料金は同額だからです。

 

ヨメのイオンSIMを解約し、代わりに私のぷららモバイルのSIMを授け、私はOCNを使うことにしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。