@niftyのv6プラスは何かと制限が多いので解除した


ついに「v6プラス」オプション解除。でもわかりづらい申込み画面。

v6プラスの解除は、以下の@niftyの会員画面から行いました。

利用状況の確認画面から、解除申込みします。 翌朝にはv6プラスは使えなくなっていました。

利用状況の確認画面から、解除申込みします。
翌朝にはv6プラスは使えなくなっていました。

上の画面の「サービス解除」のボタンを押し、必要情報を記入すればOK。

夜中の12時ころに申込み、解除希望日を同日に設定しして、申込みボタンを押しました。

翌朝にはv6プラスは使えない状態になっていました。

#まさかそんなに早く解除されるとは思っていなかったので、特殊な設定をしている我が家では、朝は通信できなくなっていて大変でした。普通の使い方なら、問題無いと思います。

基本的に、@niftyの申込み画面(他のプロバイダも同じかも知れませんが)は、説明が中途半端でわかりづらいです。何をした結果どうなるのか、先回りして予測するには情報や説明が不十分という感じ。

 

v6プラス解除後、IPv6通信(IPoE、ネイティブ接続)が使えなくなる

v6プラス解除後の後始末をしていたところ、どうも、IPv6通信そのものが出来なくなっていることに気づきました。割り当てられているIPv6プレフィクスが、NTTローカルのものに変わってしまっていました。

IPv6接続確認サイトに接続しても、「あんたはIPv4だぜ」と答えが返ってくるばかり。

v6プラス解除申込時の画面上に、「フレッツv6オプションは、別途解除手続きが必要です」と書いてあったので、IPoE通信はそのまま継続と思っていました。

@niftyに問い合わせたところ、どうやら「NTTのv6オプションはNTTに解除申し込んで」という意味で書いていたようです。v6プラス解除と同時に、IPoE接続はセットで解除されるような仕様のようでした。
(@niftyのHP見てても、全くわからないですがね)

v6プラス解除後も、IPoE接続を継続して使いたい場合は、再度@niftyにIPoE接続を申込む必要があるとのことでした。(現時点ではまだ開通していません)

 

みなさま、v6プラス解除時にはお気をつけを。

 ※2014/9/26追記:@niftyのサービス仕様が変更され、v6プラス解除しても、IPoE通信は継続するのが規定値になったようです。→こちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。