フレッツのIPoE(IPv6ネイティブ接続)を再契約したら、前のプロバイダのPrefixが割り当てられた(訂正あり)


(2013/10/6追記:以下、よくよく仕様を調べたところ、以下の記事は間違いとわかりました。払い出されるprefixは48bitであり、つまり、「毎回同じprefixが払い出されていた」、というのが正解のようです)

 

フレッツ光ネクスト@niftyのv6プラス解除と同時にIPoE接続オプション強制解除→再契約

@niftyの「v6プラス」はIPv4 over IPv6の高速IPv4接続サービスですが、通信速度は確かに速くなるものの、通常のPPPoE接続に比べてIPアドレス共有などの制限があったため、解約したことは、先日ブログに書いたところでした。 →@niftyのv6プラスは何かと制限が多いので解除した internet @niftyのサービス仕様だと思いますが、v6プラスを解除したところ、IPv6のIPoE接続オプションも同時に解除となってしまいました。夜中にv6プラス解除を申込み、翌朝、IPv6通信ができなくなっていてわかりました。 プレフィクスを見ると、NTTのNGN閉域網用と思われるPrefixに変わっていました。NTTのv6オプションは解約されることなく、そのまま継続でした。

※Prefix(プレフィクス)はIPv6のアドレスの頭56bit(48bit。 2013/10/6訂正)の接頭辞のようなものです。払い出されたルータ配下では、Prefix+MACアドレスの組み合わせでIPv6アドレスを自動設定していきます。(正確な説明は他サイトをググって調べてみてください)

v6プラスの解除処理が完全に終わるとメールで通知が来ますので、それを待ってIPoE接続オプションを再度申し込みました。通知前では申込みシステムから受付拒否されます。
数時間後、新しいIPv6プレフィクスが払い出され、IPv6によるインターネット接続ができるようになっていました。ここまでは、これでメデタシメデタシです。

次ページ:払い出されたPrefixに見覚えが・・・


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。