ミストノズルをマンションバルコニーに設置してみた2

前回ミストノズルの設置前準備、はこちら

天井裏に水道管配管はできそう

前回、バルコニーにミストノズルを設置する前提として、バルコニーまで水道管を配管できるかどうかを確認することとしました。

結果はOK。トイレのダウンライトから、エアコン用貫通孔近くのダウンライトまで、ヒモを通すことができました。

ヒモ通しは、それはそれで大変だったんですが、これは別記事でご紹介します。こんな道具を使いました。

通線ワイヤーです。

通線ワイヤーです。広い場所では直進しないので、塩ビ管と組み合わせてなんとか通しました。

ダウンライトの穴から通線ワイヤが顔を出したところ。

ダウンライトの穴から通線ワイヤが顔を出したところ。

こんな感じでヒモ通ししましたが、詳しくは別記事で。

ミストノズルをマンションバルコニーに設置してみた(設置の前段)

前回はこちら

 ミストノズルの設置の前に、バルコニーに水道が引けるか確認

6月末にミストノズルの試験をしましたが、7月に入って父親の癌発見のため、この件が止まっていました。少し落ち着いたので再開です。

前回、ノズルの様子は確認したので、ノズルと塩ビ管部品を追加注文し、とりあえず設置することにしました。

が、拙宅マンションのバルコニーには水道栓がありません。(設置しましたけど

今後ミストを設置運用するなら、バルコニーに水道管を配管できることが前提条件になります。

普通ならここであきらめですが、諦めません。可能性を検討しました。

最もバルコニーに近いトイレの水洗を分岐し、天井裏を配管し、エアコン用の貫通孔を使えないか、調べてみました。ダウンライトを外し、デジカメを突っ込んで写真を撮り確認したところ、だいたいこんな感じでした。

拙宅マンションの縦断面図。うまいことコンクリート壁に貫通孔があります。 水道管が通るか。

拙宅マンションの縦断面図。コンクリート壁に5cm程度の貫通孔があります。
水道管が通るかな。

マンションのコンクリート壁は構造材になっていて、穴開けなどは不可です。既存の穴を利用するしかありません。

難所はトイレと引っ込み棚の間のコンクリート壁。5cm程度の配線用貫通孔がありますので、ここを通せれば後は何とかなると思います。

ちなみに、ダウンライトの穴からデジカメを突っ込んで撮った写真はこちら。

ダウンライトです。 ダウンライトでなくても、照明器具の裏にはだいたい穴が空いています。

ダウンライトです。
ダウンライトでなくても、照明器具の裏にはだいたい穴が空いています。

ダウンライトを外したところ。 あの穴にデジカメを突っ込みます。

ダウンライトを外したところ。
あの穴にデジカメを突っ込みます。

こういうタイプのダウンライトもあります。複雑ですが必ず外せます。

こういうタイプのダウンライトもあります。複雑ですが必ず外せます。

トイレのダウンライト穴から撮影。 トイレからトイレ横のコンクリート壁に向かっています。 右半分は換気扇のダクト。 正面の茶色はトイレ壁の石膏ボードのあまりです。

トイレのダウンライト穴から撮影。
トイレからトイレ横のコンクリート壁に向かっています。
右半分は換気扇のダクト。
正面の茶色はトイレ壁の石膏ボードのあまりです。

もう少し手を伸ばして、高い位置から撮影。 コンクリート壁にある「貫通孔」が見えました。 隙間はあるようです。

もう少し手を突っ込んで、高い位置から撮影。
コンクリート壁にある「貫通孔」が見えました。
隙間はあるようです。右寄りの縦配管は排水管です。

リビングのダウンライト穴から撮影。 天井裏は高さ30cmくらいはありそうです。

リビングのダウンライト穴から撮影。
天井裏は高さ30cmくらいはありそうです。

水道管の配管はこんな感じにできればと思います。

水道管配管図

壁の裏領域(トイレの壁裏から、リビングの天井裏の間)では、水漏れなどが怖いので、継ぎ目のない「架橋ポリエチレン管」を使おうと思います。

架橋ポリエチレン管。 「架橋」は素材の分子構造を指しているそうです。

架橋ポリエチレン管。
「架橋」は素材の分子構造を指しているそうです。 被服を入れてΦ3cm弱です。

芯材のような白いチューブが架橋ポリエチレン管です。青いのは被覆で断熱材です。結露防止になると思います。

また、架橋ポリエチレンは日光で劣化するらしいので、露出部には向かないかも知れません。

塩ビ管より柔軟性があるので、取り回しは少しは楽だと思います。塩ビ管より値が張ります。

壁の内側の配管の作業は次のような感じです。

  1. 配管を通すルートにヒモを通す。
  2. ヒモに管を結びつけ、ヒモを引っ張って管を通す。
  3. 管の両端に口金を取り付ける。

水道管が実際に配管できるかは、1のヒモ通しができるかどうかに大きくかかっています。見えないところにヒモを通すのはとにかく大変です。「ヒモを通せたらミストを設置する」こととしました。

長くなったのでいったん切ります。

次回は本当にミスト設置です。

濡れないミストはあきらめて、多少濡れるミストをバルコニーに

前回記事はこちら

仕方がないので”濡れる”ミストノズルを試す


超音波式の霧化装置の作るミストは、ドライなミストでかなりよかったのですが、なにぶんミストの発生量が少なくて冷却用には不向きでした。

そこで、ドライなミストはあきらめて、多少濡れてもよいのでできるだけ小さなミストが出るものを試すことにしました。

ホームセンターなどにはチューブタイプがたくさん売られています。3千円くらいで4ノズルとか、結構安くで始められますね。

今回は、径の太い塩ビパイプに接続するタイプを選びます。水量が確保できることと、塩ビパイプそのものが丈夫なので、しっかりと設置できるからです。

一度設置したら、安定運用できて、安心してほったらかせることを目指します。

楽天やamazonで探していて見つけた製品の2点。

カクダイ 576-111 噴霧ノズル 送料込みで2300円くらい。

塩ビ管の内径別に品番が変わります。これは13mmのタイプです。

KGコーポレーションのミストノズル。 FLP-1N。 送料込みで950円(amazonプライム)でした。こちらも内径13mmの塩ビ管対応です。

カクダイのものと倍の価格差があります。

まずはこれらを1個ずつ注文し、どんなものか見てみることとしました。

届いた

まずは写真。

カクダイ 576-111。 ノズル部品と、HIチーズの組み合わせでした。バラで買うよりセットのほうが若干安いです。

カクダイ 576-111。
ノズル部品と、HI給水栓チーズの組み合わせでした。バラで買うよりセットのほうが若干安いです。シールテープも付いていました。

DSCN2866

ノズルの裏。異物防ぎの金網が張られてます。

チーズさえ買い直せば、もっと太い径にも変えられます。

ノズルは真鍮製。随分しっかりしてます。

KGコーポレーション 

KGコーポレーション FLP-1N。 コンパクトです。

塩ビの継手に穴を開け、ノズルをねじ込んだ簡素な造りです。

塩ビの継手に穴を開け、ノズルをねじ込んだ簡素な造りです。

「衝撃を与えないでください」という注意書きを裏付ける通り、簡素な造りです。

前者の製品より、耐久性は劣ると思いますが、実用上問題がなければ、こちらの方が安いしいいですね。

ノズルをつまむと、グラグラしますが・・・

両者大きさ比べ。こんなに大きさが違いました。

両者大きさ比べ。こんなに大きさが違いました。

水道栓に接続できるよう、簡易な構成で組み立ててみました。

ベランダの給水アダプタに接続できるようにしました。

ベランダの給水アダプタに接続できるようにしました。

ネジ部にはシールを巻きましたが、堅めに押し込んだだけで、接着剤は使っていません。

実験の間だけ持てばよいです。

 水道栓に接続して水を出してみた

そして、早速水栓を開けると、

いきなりキャップが飛ぶ。 このあと、実験中に2,3度飛びました。

いきなりキャップが飛ぶ。
このあと、実験中に2,3度飛びました。

DSCN3077

FLP-1Nのノズルのキャップのような部品が吹っ飛んで、いきなり壊れました。

2枚目の写真は再現画像です。

飛んだキャップを再度くっつけて(簡単に元通りになりました)、再度開栓。

2つ同時だとよくわかりません。

勢いよく吹き出しました。

ミストに手を当ててみましたが、どちらもばっちり”濡れます

シャッタースピード 1/2000で撮影。ミストの広がる角度は狭めです。

ミストの広がる角度は狭めです。

拡大。

もっと寄って撮影。

ミストの広がる角度は広め。

こちらも1/2000。ミストの広がる角度は広め。

もうちょい拡大

もうちょい拡大。あまりいい写真じゃないですね。

あまりいい写真が撮れていませんでした。背景がよくなかった・・・

まとめますと、

  • ミストの粒の大きさの違いはわかりません。
  • ミストが拡散する角度(広がり方)は後者が大きい。
  • 手をあてると、どちらもばっちり”濡れます”。

もはやどちらも、「ミストノズル」というより、「散水ノズル」と言った方が正しいかも知れません。

これを撒いているときはとても窓を開けていられないと思います。

ただ、拙宅はマンションの上層階で水圧が弱く、水滴が大きくなっているのかも知れません。

結論は、カクダイの576-111。

ドライミストによる雰囲気の冷却はあきらめ、サッシ・ガラス冷却に特化させて、一応設置を目指すことにします。

やはり、数十万円の高圧ポンプまでは手が出ません。ベランダには電気配線もありませんし。

先ほど比較した”散水”ノズルのどちらかを選びます。

  • 耐久性
  • 安定性

の2点で、カクダイの576-111を選ぶことにしました。

ミストの粒の大きさの違いは、正直わかりません。写真をご覧の通りです。

今回は、一度設置したら安心して放置できる安定したものを作ろうとしています。
とすると、水栓を開けばノズルがはずれることがある、というのは正直いただけないです。
将来タイマーで自動運転などさせようとしたときに、ノズルがはずれて水がボトボト落ちてました、てことになりかねません。

また、真鍮製で水栓のネジにきつく締め込むものと、プラスチックをねじ込んだものでは、丈夫さでは比較にならないでしょう。

そのかわり、価格は倍になってしまいますが、ベランダに10個も設置することはないでしょうし、その上、長期間利用することを考えると、この価格差は呑めると判断しました。

576-111を4個注文しました。日の当たるベランダに設置します。(他の塩ビパーツもいっしょに注文しました)

 

補足しておきますと、KGコーポレーションのものもよさがあります。
HPを見るとわかりますが、ミスト関連のいろんなバリエーションの製品が用意されています。
普通に家庭で手軽に利用するにはよいのだと思います。

次回は工事のプラニング。

 ちなみに、本物の「ドライミスト」は

能美防災株式会社

ドライミストはこちらの会社さんの登録商標だそうです。勝手に使って失礼しました。

こちらのページで紹介されている例を見ると、風速計・降雨センサ、温湿度計のデータを元に複数の自動弁を制御してミストを調整する、ちょっとしたシステムなんですね。

もちろん、高圧ポンプを使います。

なごミスト設計有限会社

なごミスト設計は、経産省地域新生コンソーシアム研究開発事業「ドライミスト蒸散効果によるヒートアイランド抑制システムの開発」のために組織されたコンソーシアムで得られた成果を、建築・都市空間に実現することを目的に、名古屋大学に関係するメンバーが出資して2005年5月に設立した有限会社だそうです。

こちらと、ここからたどれるHPに、ドライミストに関して豊富な情報があります。大変勉強になりました。ありがとうございます。

こちらのドライミストも、高圧ポンプを使う方式です。高圧ポンプを使わなきゃドライにはならないとあります。

事例の1つに、「ノズル3個」「使用水量0.15L/min」「使用電力量0.14kW」とあります。水量は前々回記事で試した超音波式の30倍です※。超音波式で冷やすのは大変だってことです。

※計算すりゃわかったんでしょうが、おもしろそうで欲しかったんです。超音波霧化装置が。

超音波式ドライミストで冷却は断念。ミストで我慢?

投げ込み式超音波霧化ユニット M-011 届いた

前回はこちら。

超音波式のドライミストで、ベランダの冷却ができないかと考え、前回注文した、投げ込み式超音波霧化ユニット(M-011)が5/31に届きました。(直販サイトで購入しました)

随分前に届いていましたが、記事にするのをサボっていました。

とりあえず、届いたときの写真を並べます。

DSCN1865

梱包は丁寧

DSCN1867

内容物 本体、ACアダプタ、説明書、保証書です。

DSCN1869

ACアダプタ。24Vですので、通常の電子機器より高めです。

DSCN1872

本体上から撮影。 右寄りの白い丸い領域が霧化ユニットだそうで、通電して水に当たると、霧が発生。 水が無いまま動作させると壊れるそうです。 水が無いと動作しないような安全装置付き。

DSCN1870

本体裏面。

DSCN1871

側面

DSCN1873

ACアダプタと本体の接続部分。 線は長めです。

 投げ込み式霧化ユニットをさっそく水に投げ込み

バケツに水を汲んできて、早速動作させてみました。

白い振動面から水面までがあまり深いとうまく霧化しないようで、5cm程度の深さにしてみました。

DSCN1880

電源ランプは点灯していますが、安全装置が働いて動作はしていません。 投げ込みます。

DSCN1884

水につかると早速霧が!

5cm~10cmくらいの水柱を立てながら、霧が吹き上げます。

霧だけでなく、周囲に結構水が飛び散ります。
バケツの壁の水滴は、この装置が飛ばした水です。

DSCN1885

投げ込んでから10秒くらい経ったところ。

霧はモクモクと沸きますが、重いので下に溜まります。

別の容器での瞬間写真。

右上の丸い玉は飛び散る水玉です。 振動板の直上に水柱も見えます。 水柱の中から、霧が出ているようです。

右上の丸い玉は飛び散る水玉です。
振動板の直上に水柱も見えます。
水柱の中から、霧が出ているようです。

DSCN3088

蚊取り線香の煙のようです。さらっとしていて、重さで下に流れていきます。

メーカーホームページにもありましたが、ファンを併用しないと下に貯まるばかりです。

DSCN1890

というわけで、扇風機。

扇風機の風がバケツの縁に少しあたる程度にセットしてみました。

(レタスの鉢は関係ありません)

DSCN1886

ミストが巻き上がりました。

DSCN3083

消費電力は15W。(料金表示は関係ありません)

ACアダプタをワットモニタに接続して消費電力を測りました。15Wでした。

意外と電気食います。

蚊取り線香の煙のようなドライミスト

霧の中に手を入れてみましたが、確かに濡れることはありません。さらっとして、ひんやりします。

これが愛知万博で使われたドライミストと同じかどうかはわかりません。愛知万博のミストは16μm、この装置は4μmということでさらに水滴が小さいです。

愛知万博のミストより、もっとサラッとしているのかもしれません。

アルミサッシは冷えるか?

目的の1つ、陽光で熱されたアルミサッシを十分冷却することはできるか。

多分、実用的では無いと思います。理由は霧(水)の量。

恐らく温度を下げる効果はあると思われます。ただし、実用レベルで十分温度を下げるためには、霧(水)の量が足りないと思います。体感として測るまでもないという感じ。

アルミサッシ+ガラスの広い範囲をまんべんなく冷やすためには、恐らくこの機械がもっと大量に必要になり、費用が高くつきます。

冷却のための消費電力もバカになりません。1台で15Wですので、10台だと150W。エアコンの消費電力と比較できてしまいそうなレベルです。

以上はあくまで直感です。アルミの塊にファンで霧を当て続ければ、どの程度の冷却効果があるかはざっくり測定できると思いますが、そこまでやる気になれませんでした。

超音波式は、冷却用途は難しそうです。

サッシの冷却は(ドライじゃない)ミストで

サッシの冷却とついでに室内の人肌に触れて涼を得るという一石二鳥狙いでしたが、超音波式ではどちらも得られ無さそうです。

そこで、水道水圧でミストを出すという製品を試してみることにしました。

以下の2点を1個ずつ取り寄せ、使えそうかどうか調べてみます。

DSCN2881

こんな感じで実験してみました。

続きは次回

 

夏に向けた涼の準備。ミストを手軽にできないか。

愛知万博で展示されてたドライミスト

これから夏を迎えますが、暑くなれば当然クーラーを回して涼をとることになります。でも、電気代はかかるし、クーラーかけっぱなしだと体調にもよくありません。ドライミストの涼でくつろぐ来場者

愛知万博で水の気化熱を利用した「ドライミスト」なるものが出展されていました。

霧の発生装置を歩道沿いに設置しておき、その近くを通る人に水滴があたるようにしておき、水滴が当たれば蒸発時の気化熱を奪って涼しく感じさせるというものです。

普通なら水滴が当たれば濡れてしまいますが、水滴の大きさを十分小さくすれば、当たっても濡れることが無いのだそうです。その大きさ、10μm(ミクロン)以下とのこと。

濡れない霧ということで、「ドライミスト」と名が付いたのだと思います。

ドライミストの装置は高価

愛知万博に出展されたものと同じ仕組みのものが販売されていましたが、随分高価でした。

ミストを作るためのノズルだけでなく、高圧ポンプも必要で、そんな装置がいるもんだから、設置工事もセットになってしまいます。安くても数十万円以上という価格だったと記憶しています。

ドライミストを作るには高い圧力が必要で、水道の圧力じゃ足りないのだそうです。

マンション暮らしなのでベランダに設置するとよいのでしょうが、水道工事は無理がありますし、高価ですし、ちょっと手が出ないという感じで、一旦はあきらめていました。

(今はもっと安いかも知れません)

水道圧でミスト?

先日ホームセンターに行って気づいたのですが、庭の水道用品でメジャーな「タカギ」から、「水道圧でミスト」をうたった製品が売られていました。

なんと、技術革新はここまで来たか、と感動し、ネットで改めて調べたところ、いまは「水道につなぐだけでミストが発生する」を謳った商品がたくさん売られていました。ホントに、ピンからキリまで。

しかも値段は2,3千円からあります。

ちょっとまた試してみるか、と思い、物色をしていました。が、調べるうちに、これらの製品が「ミスト」を謳っているものの、「ドライミスト」ではないことに気づきました。

ある製品は、水滴の大きさが50μmと書いてありました。大きいのです。微妙に「ドライ」と書いてません。

要は、散水用品なんですね。これを部屋の近くで使ったら水浸しになってしまいそうです。

うーん、やっぱ、うまい話はないもんですね。

でも、もう少し考えてみました。

超音波でも霧が作れる。投げ込み式超音波霧化ユニット

ずっと以前に電子部品として売っていたものに、「超音波霧発生モジュール」というものがありました。

超音波の発生する円盤と回路のセットなのですが、発振する円盤を水につけると、霧ができるといものです。

これって、使えないのかと。

調べてみると、こんな製品がありました↓

M-011_TOP02R.JPG

投げ込み式超音波霧化ユニットM-011 星光技研

投げ込み式超音波霧化ユニット M-011

霧の水滴の大きさは4μm。ドライミストの条件が整っています。

実際、このメーカーさんはこの方式を利用した、屋内用の霧型加湿器を製造・販売しているらしく、要は屋内でつかっても濡れることは無いのだそうです。

ACアダプタで電源供給し、バケツに水を張り、そこにこれを投げ込めばすぐに霧が発生します。

6000円程度で個人向け直販もやっています。これ位の値段なら、気軽に実験もできそうです。

早速、注文しました。

 

霧化能力が300ml/h(1時間あたり300cc)ということで、これが多いのか少ないのかちょっとわかりません。
(多分、足りないんだろうと思いますが・・・ま、実験したいし)

うちのマンションのベランダは奥行きが2m程度であまり広くなく、夏はめちゃくちゃ暑くなります。窓を開けると風も熱風となって入ってきます。

この原因の大部分は、直射日光によって熱せられた「アルミサッシ」と「ガラス」の輻射熱のようなんです。試しに天幕を張ってサッシとガラスに朝から日が当たらないようにすると、ベランダはもちろんのこと、明らかに部屋の中まで涼しくなります。
風のある日はクーラーがいらないくらいです。

また、アルミサッシとガラスの熱は、ベランダ菜園にも致命的です。弱い種類の植物はたった1日の暑さでダメになることもあります。

このアルミサッシとガラスをドライミストで冷やせれば、植物のための日光は入るし、涼しくなるわで一石二鳥になるんじゃないかと、皮算用をしています。

ま、そんなにうまくいくとは思いませんが、乞うご期待。

品物が届いたら実験し、レポートすることとします。

次回はこちら