公職者(議員など)の立場で山本太郎直訴をどう捉えるべきか-やっぱり議員辞職勧告はやりすぎ

<前記事

前記事では山本太郎氏批判の論拠が今一つわからなかったため、タイムライン上の批判の論拠を拾い集めてまとめ、それでも議員辞職勧告がやりすぎであることを記しました。だいたい以下の論点でした。

  • 天皇を政治利用した。
  • 天皇の政治利用は憲法で禁止されているから、山本太郎氏は憲法を犯した。
  • 天皇への直訴は「請願法違反」にあたる。山本太郎氏は法律を犯した。
  • 園遊会のマナー違反。
  • 天皇に直訴などケシカラン。
  • 山本太郎が嫌いだ。
  • 国会議員には国政に直接参加する権限が与えられているのだから、直訴はおかしい

これらについては、前の記事(山本太郎氏が天皇陛下に手紙を手渡したことの、何が(そんなに)問題なのかよくわからない)をご覧ください。

今回、上記以外の新たな主張について触れてみました。

山本太郎氏の行動を支持するわけではないですが、議員辞職を求めるほどのことか疑問だというのが趣旨です。
もういったんこれで区切りを付けたつもりでしたが、追記することにしました。

皆さまのお考えを整理する上で少しでも役に立てれば。

公職者(議員など)の立場で山本太郎直訴をどう捉えるべきか

ある著名な公職者(自治体首長)のツイートを読んでいて、少し気になりました。概ね以下の主張でした。

山本太郎の行動は、日本の民主主義を基調とする制度の否定につながる。なぜなら、天皇に何か問題を解決してくれと頼んだわけだから。せっかく憲法で天皇の権能を制約しているのに、国民主権の代表者がこれを破るように進めたわけだ。
選んでくれた国民に対する裏切り行為だ。

なるほど、確かに一理あると思います。国会議員・山本太郎氏の直訴は、日本の政治体制の根幹思想である「国民主権」をないがしろにする行為ということだと私は理解します。
恐らく、「民主主義の否定だ」と主張する多くの方は、このことを言っているのではないかと思います。

続きを読む