自宅サーバのシステムHDDセクタ異常発生につき、交換! 2TB→3TB LVM使用 fdisk→parted その1

先日の記事で報告したとおりまだ記事にはしていませんが、自宅サーバのシステムが入っているメインHDDがセクタエラーを出したため、念のためHDDを交換することにしました。

応急対処でエラーは出ていないんですが、この異常が出た後には同様の異常が頻発することが多いらしく、リスク回避をすることにしました。

#2013/10/11 朝10時 追記。
応急処置で、197 Current_Pending_Sectorが、1→0になっていましたが、

その後のHDD移行完了直後、3に増えていました
やっぱり197あたりが出始めたら、早めの対処が必須です。恐ろしい・・・(汗)

#2013/10/11 20時 追記。
197 Current_Pending_Sectorはその後、

  • 18時 に47個
  • 20時 で131個

に激増しています。まさに、「加速度的」。(大汗)
origin_4492113186

今回のHDD交換のポイント

  1. 2TBのMBRから、3TBのGPTへの移行交換。
  2. 旧ドライブに導入済みLVMを有効利用し、最大限のオンライン移行を試みる。
    物理的なHDD交換時以外はサーバを止めないことを目指す。

特に、2.に関しては、このブログを運用しているサーバでもあるので、できる限りオンラインで移行することを目指します。

ブログへのアクセスは大した数じゃないんですよ。ええ。
止まったからといって、影響は知れてますよ。はい。
大事なのは、気持ちですから。はい。
(ちなみに、10月に入ってからのアクセスは、50ページ/日くらいです。ロボット除く。)

交換用HDDが届いた

届いた新HDD。3TBです。 Seagate ST3000DM001/N。

届いた新HDD。3TBです。
Seagate ST3000DM001/N。

昨夜amazonに注文した、交換用の新HDDがさきほど届きました。

Seagate ST3000DM001/N です。10,781円。

  • 容量 : 3.0TB
  • インターフェース : SerialATA6.0Gbps
  • 回転数 : 7,200rpm
  • キャッシュ : 64MB

特にスペックにこだわりがあるわけでは無いんですが、お約束ということで。

もう2年間も売れ筋として名前と在庫が並ぶ

余談ですが、amazonの注文履歴を見てびっくり。この型番のHDD、今回で3台目の購入でした。それほど頻繁に買うものじゃないので、たいてい買うたびに新しいモデルが出ています。同じものを3台も買っていた印象がありませんでした。

  • 2012/3/25 14,780円
  • 2013/2/26 11,772円
  • 2013/10/9 10,781円

価格.comを見ると、発売が2011年11月です。既に発売から丸2年が経過しようとしているのに、売れ筋ランキング9位という高順位です。

現在のハイエンドクラスは4TBくらいで価格も高く、この容量は2番手ですが最もこなれた価格帯です。
以前と比べて、HDDの進化は鈍化したんでしょうかね。

3TBでも使い切れない量であることには変わりないんですが。

 

早速サーバをシャットダウン(1回目)し、HDDをサーバにセットし、念のため起動後以下のテストを実施。

smartctl -t long /dev/sdd

badblocks -vs -o sddbadblock /dev/sdd

どちらも異常セクタ、異常ブロック無しでした。

既に時間も遅くなったので、今日はここまでとします。

次の記事