次亜塩素酸ナトリウムの有害性・安全性

スポンサーリンク

次亜塩素酸ナトリウムの有害性・安全性

別記事で電解次亜水の生成器を利用したPOICウォーター風うがい水の紹介をしたが(お勧めはしていない)、電解次亜水に含まれる次亜塩素酸ナトリウムの有害性・安全性について言及するコメントをいくつかいただいたので、食品衛生法で定める食品添加物としての基準と、次亜塩素酸ナトリウムのメーカーが公表している安全データシートの記載から、有害性の程度をチェックしてみた
網羅性の観点でこれで十分かはわからないが、目についたのがこの2点。

結論を先に書くと、あくまで素人の個人的な感想だが「うがいに使うなら、まあ、大丈夫なんじゃない?」だ。(別記事のうがい水は皮膚等への刺激性が指摘される濃度の1/100程度。)

ちなみに、私は食品衛生の専門家でも化学の専門家でも法令の専門家でもないので間違いがあるかもしれない。ほかに大事な調査対象を見落としているかもしれない。間違いは指摘していただけると大変ありがたい。

まあもともと、次亜塩素酸ナトリウムは食品添加物に認められているし、水道水にも添加されるほどのものなので、そもそも私は心配してはいない。

追記:これは前記事を受けて書いた記事であって、主に低濃度の電解次亜水をうがい水として使用する場合を想定しています。これ以外の使用(他の物質と混合したり飲用したりなど)のことは想定していません。例えば酸と混ぜれば塩素ガスが発生すると思いますが、これらには触れません。

食品衛生法

次亜塩素酸ナトリウムが食品添加物として認められているらしいのだが、有害物質なのでさぞ厳しい基準が設けられているのだろうと思い、確認してみた。

食品衛生法

第十条
人の健康を損なうおそれのない場合として厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定める場合を除いては、添加物(天然香料及び一般に食品として飲食に供されている物であつて添加物として使用されるものを除く。)並びにこれを含む製剤及び食品は、これを販売し、又は販売の用に供するために、製造し、輸入し、加工し、使用し、貯蔵し、若しくは陳列してはならない。

なるほど。〇〇以外は基本ダメ、の、ポジティブリスト方式。
で「聴いて定める」使ってもいい例外の添加物は、施行規則に書いてあった。

食品衛生法施行規則

第十二条
法第十条の規定により人の健康を損なうおそれのない添加物を別表第一のとおりとする。

別表第一(第十二条関係)
 百七十六 次亜塩素酸ナトリウム(別名次亜塩素酸ソーダ)

施行規則別表第一の添加物リストは、厚労省では「指定添加物」と呼んでいるそうだ。
次亜塩素酸ナトリウムは食品添加物として認められている。「健康を損なう恐れがない」、とお墨付き感すらある表現。

使用基準については、厚労省告示第370号第2に記載されている。

食品 添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号) 第2 添加物(平成29年11月30日現在)
F 使用基準

次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウムは、ごまに使用してはならない。

たったこれだけ。

別の情報によると、ゴマに使用してはならない理由は、漂泊して値段の高い白ゴマとして売る詐欺行為を防ぐためなんだとか。(真偽不明)

食品添加物の使用基準は「ごまに使用してはならない」だけ

食品添加物としての使用基準は上述のとおりで、次亜塩素酸ナトリウムは有害だと記されているわけでもないし、一日当たり摂取量が決められているわけでもない。

前記事コメント欄で「残留しないことを条件に使用が認められている」と書いた。どこかで見た記憶があってこう書いたのだが、今回調べてみて、そういう記述は見えてこなかった。何かの勘違いだろうか。

参考までに、他に「大量調理施設衛生管理マニュアル」というものがあったが、これはどちらかというと、「次亜塩素酸ナトリウムなどを使って、しっかり殺菌しろよ」マニュアルのようだ。
使用量はこれ以下にしろというより、これ以上で殺菌しろ的な。

参考:厚労省・食品添加物のページ

ただ、法令というのは調べつくしたつもりでも、「実はここにこんな規則がありまして」なんて感じで、伏兵がたくさん隠れている。見落としている可能性は十分あるので、基本的には専門家に聞くべきだろう。
(私は自分で自分のために使うだけだから、そういうことはしない)

安全データシート

次亜塩素酸ナトリウムの情報を検索していると、次亜塩素酸ナトリウムの製造メーカーの出している「安全データシート」というものが目についた。以下はwikipediaから抜粋。

安全データシート

安全データシート(あんぜんデータシート、英: Safety Data Sheet、略称 SDS)とは、有害性のおそれがある化学物質を含む製品を他の事業者に譲渡または、提供する際に、対象化学物質等の性状や取り扱いに関する情報を提供するための文書。
国際的には国際連合の化学品の分類および表示に関する世界調和システム(GHS)や ISO1104-1 で標準化されている。

だそうで。ぱっと見、人体への影響であれば、高濃度・大量摂取・接触による危険性の観点で記されているようだ。
どこのメーカーも同じようなことを書いているようなので、一つの例を引用。

次亜塩素酸ソーダ・日本ソーダ工業会

細かくは見ればわかるが、素人目で関係項目を抽出すると、

皮膚腐食性及び皮膚刺激性:
腐食性があり、皮膚、眼、粘膜を激しく刺激する。ミストを吸入すると気道粘膜を刺激し、しわがれ声、咽頭部の灼熱感、疼痛、激しい咳、肺浮腫を生ずる。ウサギおよびモルモットを用いた試験(FHSA法(ドレイズ試験相当))において、本物質の5-5.25%水溶液を適用した結果、いずれも「軽度の刺激性」がみられた。しかし、ウサギを用いた他の皮膚刺激性試験では、本物質の6.25%-12.5%水溶液を適用した結果、「重度の刺激性」がみられた5)6)ヒトの疫学データでは、pH10.5の本物質を5-5.25%水溶液として閉鎖適用した結果、「重度の刺激性」がみられた5)6)。EU-RAR(2007)では、「5%超で刺激性、10%超で腐食性であるという最新EU分類は、ヒト及び動物データの総合評価によって裏付けられている」と結論している。さらに、本物質は、EU CLP分類において「Skin Corr. 1B H314」に分類されている。以上より区分1とした。

眼に対する重篤な損傷性又は刺激性:
ウサギを用いたドレイズ試験において、本物質の水溶液を適用した結果、1.6%水溶液では「軽度の刺激性」がみられたが、12.5%水溶液では「重度の刺激性」がみられた5)6)。また、別のウサギを用いたドレイズ試験において、本物質の50%溶液を適用した場合、洗浄しない場合の21日目のスコアは48/110(4分後に洗浄した場合のスコアは27/110、21日目のスコアは0/110)で「重度の刺激性」がみられた6)8)。ヒトの疫学データについては、5.25%溶液を眼に誤噴霧した結果について、「灼熱感と角膜に対してわずかな損傷を生じ、速やかな眼の洗浄で48時間以内に完全に回復した」との報告がある5)6)。さらに、本物質は皮膚腐食性物質であり、EU CLP分類において「Skin Corr. 1B H314」に分類されている。以上より区分1とした。

呼吸器感作性又は皮膚感作性:
呼吸器感作性情報なし:皮膚感作性モルモットを用いた皮膚感作性試験3件の結果はいずれも陰性であり、HRIPT(ヒト連続パッチテスト)の2件の結果でもいずれも陰性であった。次亜塩素酸ナトリウムの広範囲にわたる用途から、感作性の可能性は実質的にない5)6)との記載がある。

生殖細胞変異原性(変異原性):
次亜塩素酸、塩素を投与した生殖発生毒性データがEU-RAR(2007)に記述されているが、次亜塩素酸ナトリウムのデータはなく分類できない。

発がん性:
IARCがグループ3に分類している。

生殖毒性:情報なし

特定標的臓器毒性、単回ばく露:
EU-RAR(2007)に、プールでばく露されたヒトで眼および上気道に刺激性を示したとの事例報告、およびエアロゾルを吸引ばく露したマウスの実験で気道刺激性が認められたとの記述がある。5)6)[区分3(気道刺激性)]

特定標的臓器毒性、反復ばく露:
ラットの飲水投与による3ヶ月間又は2年間の試験ではガイダンス値範囲を上回る用量(約200 mg/kg/day以上)で体重増加抑制など全身影響がみられたに過ぎない5)6)。マウスの2年間飲水投与試験では区分2のガイダンス値の範囲内の用量(58 mg/kg/day相当)で体重の低値がみられた5)6)が特定の臓器が不明である。

発がん性のIARCグループ3は、「ヒトに対する発がん性について分類できない。」で、要は「発癌性を示す証拠はない」ということだろう。

有害性は大したことない(感想は個人的なものです)

つまり、有意なポイントとしては、

  • 皮膚への刺激性:濃度5%超で刺激性、10%超で腐食性
  • 眼への刺激性:濃度5%程度で灼熱艦と角膜へのわずかな損傷
  • 200mg/kg/day以上の3カ月投与で体重増加抑制(ラット)
  • 50mg/kg/dayの2年間投与で体重の低下(マウス)

こんなとこだろうか。濃度の目安としては、メーカーの公表値で確認できないが、ネット上の情報によるとキッチンハイターの原液が濃度5~6%程度だそうなので(まあそんなもんだろう)、キッチンハイターの原液を皮膚にかけたり、眼にかけたりすれば、刺激がきつくて角膜に傷がつく、そんなイメージだろうか。

キッチンハイターの原液を目に入れて、ただで済むとはそもそも思えないし、自ら目に入れる人がいるとは思えない。そういうことをする人は、どっちみち早死にするだろうから心配の必要もないだろう。

身体への影響も、表面的な外傷レベルのもののみで、生物濃縮のような長期連用による蓄積の病気などはなさそうだ。
まあ、そんなものがあれば、そもそも食品添加物に指定されるはずもないのだが。

家庭用製品として手軽に許可なくどこでも誰でも購入できる。そういうものの中では比較的毒性が高い、そういう位置づけだろう。
(硫酸などの「劇物」は販売者も役所に登録が必要だし、購入者は18歳以上で書類を提出しなければならない。そんなレベルのもんじゃない。)

この程度の毒性なら個人的には「大したことない」と思う。薄めて使ってみて、目やのどが痛いとか、ヒリヒリするなどの実感できる実害がなければ、問題ないのだろう。気づかぬうちに体を蝕むとかなさそう(に思う)。

ただし、厳密にいえば「わからない」「確認できていない」ことが多いので、安全と言い切ることはできない。発癌性もないとは言えないわけだから、あるかもしれない。(笑)
論理的にはそういうことだ。

ただし! しつこいようだが、決して他人に勧めるものではないし、私が利用する範囲においての自分のための判断である。
また、ここまで読んでも危険性の程度が理解できない人は、絶対に使わないでほしい。そもそもからして、専門家が、安全だと保障してくれるもの以外は使わない方がいい。
POICウォーターも歯科医で購入するべきだし、そもそも、POICウォーターの安全性を疑った方がいい。

よいこはマネしないように(するわけない)

私の判断の危険性を示すために、私がどれだけ楽観的(バカ)なのかを示しておく。
実はここだけの話、電解次亜水をさらに薄めて鼻うがいに使うという暴挙に及んだことがある。鼻汁がひどかったので、鼻腔内の殺菌のために。
鼻腔は口腔とは比較にならないほど敏感で、塩素の刺激が強すぎて、鼻水が大量に発生。かえって悪くなったのでそれっきりやっていないのは、秘密の話である。
多分、鼻腔内には長年培われた菌叢があり、都合よく悪玉菌だけが死ぬとも限らないし、そんな鼻うがい程度ですべて殺菌できるようなもんでもないとは思う。だいたい、鼻腔を殺菌して体にいいのかどうかも怪しいもんだ。
だが、やったのだ。なぜなら、やってみたくてしょうがなかったから。
私の考えていること全体に渡って、絶対に他人に勧めない。(マネする人がいるとも思えんが)

結論

大量は有害、少量は有用ということ。これに尽きる。

「次亜塩素酸ナトリウムは無害」も「次亜塩素酸ナトリウムは有害だから一切ダメ」もどちらも間違いだろう。

高濃度摂取時には危険なのは明らかだが、現実として、次亜塩素酸ナトリウムは食品添加物として使用されているし、水道水にも添加されいるし、これを放出する加湿器も国内有名家電メーカーから販売されている。

ただ、許容量の基準が今一つはっきりしない。想像するに、次亜塩素酸ナトリウムが食品添加物に認められたのは(たしか)昭和30年代と古く、要はそれだけ利用され続け、安全性程度についても現場に知見が積み重なっていると思われる。大規模な健康被害問題も聞いたことがない。要は、割と安全な食品添加物といえるのかもしれない。

個人で使うなら、常識的な範囲で、ごく少量でということだろうか。
前記事のCleanMakerのレシピで作った電解次亜水の、次亜塩素酸ナトリウム濃度がわからないが、キッチンハイター原液から比べると、はるかに低濃度と思われる。有効塩素濃度と次亜塩素酸ナトリウムの関係式などあれば推定できるのだか。時間があったら調べてみよう。
※追記:有効塩素濃度と濃度の関係を末尾に追記した

わずかなリスクも取れない性分の人は、一切使わない方がいいだろう。どんなに小さなリスクでも、リスクと認識した瞬間に一切許容できない人は一定数存在する。コロナ騒動でもよく分かったが、そういう人は結構多い。そういう人が使えば精神を蝕まれるだろうし、それで体調も崩しかねない。絶対に勧めない。(笑)
(そういう人はたいてい、同程度の他のリスクを無視したりしていてツッコミを入れたくなるものだが、それは余談だ)

昨今の様々な情報が錯綜するコロナ騒動の中では、情弱な人々も次亜塩素酸ナトリウムを取り扱う機会も増えてくるわけで、それを考えると安全側に倒し「次亜塩素酸ナトリウムは有害!」と、大げさに情報発信することも良しとすべきかもしれない。

ただ私自身は、「正しく知って、正しく恐れる」賢い消費者でありたいと願っている。(実態としてバカなのは前述のとおりだが、願うのは自由だ)

しつこいようだが、私は法令の専門家でもなく、条文をすべて読んだわけではないので、見落としがあるかもしれない。正解は専門家に聞いてほしい。

また、前記事で紹介したCleanMakerが食品衛生法的にOKな商品かどうかは、私にはわからない。わからないが、私は自己責任で使う。

余談

CleanMakerのAmazon商品レビューで、「次亜塩素酸ナトリウムだから有害で危険だから体に使っちゃいけない。なぜなら次亜塩素酸ナトリウムだから。」的な書き込みが、あるときから急に増えた。

Amazonの運営側もそれを重視しているらしく、その系のレビューが上位に来るようになった。「うがいに使っている」などという、フザけた私のレビューなどは、最後方に押しやられている。(笑)
これはどこから来たのだろうか?

一つのヒントを発見した。電解次亜水とは違う方式の、微酸性電解水生成器のメーカーHPで、「次亜塩素酸ナトリウムは危険」と謳っていた。(引用は避ける)

次亜塩素酸ナトリウムが入っていたらとにかく危険だから避けるべきで、次亜塩素酸水はまったく安全だ、的な。

自分の製品とは違う方式のものをディスっている印象を受けた。

Amazon商品レビューの該当コメントも表現が似ていて、これは次亜塩素酸水ではなく次亜塩素酸ナトリウムだから危険だ、的なものがまま見られた。
こういうメーカーの情報をもとに書き込んでいる可能性もあるかもしれない。

一事が万事で、過ぎたるは及ばざるがごとし。電解次亜水以外の他の機能水も、大量に飲めば体によくないだろう。

余談・もう一点、前記事コメントにも書いたが、某有名大手スーパーで買う半玉キャベツが、時々カルキ臭いことがある。想像だが、あれは次亜塩素酸ナトリウムが残っているのだと思う(ただし未確認の個人的な妄想)。
食品加工の現場でも古くから広く使われている次亜塩素酸ナトリウム。現場は千差万別。次亜塩素酸ナトリウムの分量を間違えたりたくさん使っているなんてとこ、あっても全然不思議じゃない。
食材を腐らせたくないがために悪徳業者が大量混入していることもあるかもしれない。あっても不思議じゃない。

水道水に次亜塩素酸ナトリウムが添加されていることも併せて考えると、おそらく我々は、次亜塩素酸ナトリウムを日常的に摂取してるんじゃないの?と思っている。
こういうこともあって、私個人はもともと、次亜塩素酸ナトリウムの有害性についてあまり心配していなかったのだ。

次亜塩素酸ナトリウムの健康への影響は、正確にはわからないが、今自分は健康に暮らしている。これが答えなんだろうという気がする。

(追記)次亜塩素酸ナトリウムの濃度と有効塩素濃度について

次亜塩素酸ナトリウムの濃度と有効塩素濃度の関係は、結論から言うとうがい水としての利用においては同値と考えて問題なさそうだ。

以下のように有効塩素濃度との関係について調べた。

水道用次亜塩素酸ナトリウムの取り扱い等の手引き(Q&A)
公益社団法人 日本水道協会

有効塩素濃度が正確に測定できれば、比重などとの関係から塩素酸の状況を推測することは可能です(水道用次亜塩素酸ナトリウム 日本水道協会JWWA K120:2008 参照)

なるほど。でJWWA K120という規格の資料はどこにあるのか調べてみたら、同協会から700円程度で販売されていた。このpdf資料は目次までで寸止め。(笑)

一般的な物性の話なので、ネット上に転がっていないか探してみたら、これがあった。

株式会社タクミナ(精密ポンプ・流体制御機器の製造販売)
基礎講座:滅菌・殺菌 12-3.次亜塩素酸ナトリウムについて

株式会社タクミナさんには、こういった情報を公開していただいたことに感謝申し上げる。

比重
(20℃)
有効塩素濃度
(g/L)
次亜塩素酸ナトリウム
(wt.%)
1.05303.0
上記リンクから一部抜粋

20℃で、有効塩素濃度30g/Lで、3.0重量%。

ということは有効塩素濃度と重量%は、ほぼ同じ値を示すようだ。
(有効塩素濃度:30g/L=30/1000g=3%。水は温度で密度は多少変わるが、ここではざっくり分かればいいので1L=1000gとみなす)
「次亜塩素酸ナトリウムの濃度は有効塩素濃度を記すことになっている」などという記述もどこかで見かけていたのだが、これであればどっちみち気にすることはないようだ。

なので、前記事で作った電解次亜水うがい水は有効塩素濃度500ppmなので、次亜塩素酸ナトリウム濃度500ppmと言える。(1000000ppm=100%)
つまり、私のレシピの電解次亜水うがい水の次亜塩素酸ナトリウム濃度は0.05%くらい

キッチンハイターの原液の濃度や、安全データシートで記載されていた刺激性などの現れる濃度である5%程度と比べ、1/100程度ということになる。

ちなみに、飲用を想定する水道水に添加される次亜塩素酸ナトリウムはかなり厳しく、0.4mg/L以下(0.00004%くらい)とされているそうだから、これと比べれば1000倍の高濃度、ということにはなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました