エアコンの「コポコポ」という水音の対策:ドレンホース逆止弁


ドレンホースは外界と通じるトンネル。開きっぱなし。

その後もいろいろと調べていると、ドレンホースは家の外から中に入れるトンネルのようなもので、きちんと対処していないと、風が入ってくるのはもちろんのこと、下手すると虫なども入ってしまうこともあるそうです。

ある日、エアコンのフタを開けたら、内部がゴキブリがいたり、ナメクジがいたり、なんてことにならないとも限りません。
恐怖!

まあ、うちはマンションの上階なので、虫は少ないですが、いずれにせよ水音も気になりますし、逆止弁のようなものがないかとさらにググってみました。

逆止弁は、中から出る水は通し、外から入るものは防ぐフタのようなものです。

 

ドレンホースに付ける逆止弁製品、あった!

うまいこと、そういう製品がありました。ドレンホース用です。さっそくAmazonで購入。

ドレンホースにそういうニーズがあるんですね。

因幡電工「おとめちゃん」 945円。

楽天では500円弱で出てきますが、送料を足すと同額くらいになります。

 

DSCN0984

とりあえず、製品の写真を連投します。

 

中に逆止弁が見えます。 おもりで閉まる構造ですので、上下垂直に設置する必要があります。

中に逆止弁が見えます。 おもりで閉まる構造ですので、上下垂直に設置する必要があります。

垂直に設置すれば、おもりでフタが閉まります。外からの風圧や侵入物はここで防ぐことになります。

上から水が垂れてくるとフタが開いて水を通します。

簡単に分解できます。 掃除するときはこうやって分解すれば楽ちんです。

 

DSCN0994

要は、ドレンホースを途中で切って、この逆止弁をつなぐだけです。

エアコン設置工事をやっている会社でも、追加料金でこの製品を取り付けているところもあるようです。やっぱ、ニーズがあるんですな。

ドレンホースの径を合わせる必要があります。
この商品は内径14mm、16mmのものに対応します。(上記説明書写真のとおり)

次ページ : 「おとめちゃん」設置工事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。