紙copiが復活。紙copi 3。Evernoteから紙copiへの移行にトライしてみた。

紙copiは優れたHPスクラップ、資料管理ソフト。Evernoteより直感的。

復活という表現が正しいかどうかわかりませんが、10年以上アップデートのなかった紙copiが、先月アップデートされていました。

今回のアップデートは、取り込み機能の強化、Dropbox連携機能追加というところのようです。

記事 : 「紙copi」5年ぶりメジャーアップデート Dropbox連携、Windows 8.1対応

 

たしか最初の登場は前世紀だったと思いますが、ほぼ登場時期からずっと愛用していたHPのスクラップソフトです。

大変お世話になったソフトなので、復活は嬉しいニュースです。Evernoteなんぞに負けず、日本のソフトパワーを見せつけてほしいものです。

12022c334c73987394414e8daa9160e3

紙ラボ。無料お試し30日です。

東京新聞をキャプチャしたところ

東京新聞をキャプチャしたところ

スクラップの正確さがすばらしかった。ほとんどのページを崩れることなく取り込んでくれました。

スクラップしたHPを「紙」として、また、それらを「箱」という概念で分類して管理するコンセプトがユニークで、私には直感的に理解できました。

テキストファイルのメモも作成できます。いちいち「新規作成」とか「ファイル名をつける」などという回りくどい行為なしに、いきなりメモを起こせるのです。

作成したテキストファイルも「紙」として管理できます。

他にも、pdf、ppt等のビューワも内蔵しています。

私自身は、類似機能をもつEvernoteのノート管理より、直感的でわかりやすいと思います。

詳しくはこちら。

紙copiがネットやスマホへの対応が不十分なまま、発展が止まってしまったために、私は数年前にEvernoteに乗り換えてしまいました。

テレビの画面がチラつく、ブロックノイズが出たので対策。安いブースター設置で改善。

雨が降ったり、分厚い雲の曇の日は、テレビにブロックノイズが出る(BSだけ)

拙宅は分譲マンションで、テレビは共同受信です。

マンション内に配線されたアンテナ線に、CATV会社から配信された電波が相乗りしており、壁に出ているアンテナコンセントにテレビをつなぐと、地デジ、BS、CS、見ることができます。

築30年のマンションでしたが、過去に配信会社を変更し、地デジ、BS、CSを受信できるようにしました。

構内のアンテナ線は古く、BS信号の伝送能力がイマイチで、雨の日などの悪天候時は共同受信設備からの信号が弱くなるせいか、拙宅のテレビの受信レベルが低くなり、ブロックノイズがチラチラと出ることがしばしばでした。

が、まあそれでも、視聴に支障が出るほどではなかったので、これまでは我慢していました。

 

ところが先日、ある豪雨の日、NHKのBS1がが全く視聴できないくらい、酷い状態になりました。

受信レベル26で、画面が全く見えません。

ひどいブロックノイズ。 BS1。受信レベル26で、画面が全く見えません。他のBSチャンネルはノイズは出ていないものの、受信レベルは40台と低め。

受信レベル26です。他のBSチャンネルも受信レベルは40台と、普段よりは下がっていました。が、ノイズで見れないというほどではありませんでした。

デジタル放送は、ある閾値を下回ると、一気に視聴に耐えられなくなる特性なんでしょう。

一方、地デジの受信には問題はありませんでした。

地上波NHK総合。受信レベル56です。 普段より低いですが、50以上なら問題無いです。

地上波NHK総合。受信レベル56で問題ありませんでした。
普段より多少は低いですが。

おそらく、マンション内共有部のテレビ配線が古く、当時は想定していない高い周波数のBSの信号が減衰しやすいのだと思います。

悪天候などで共同受信元の信号のレベルが落ちると、ただでさえ減衰しやすいBSの電波は、末端の拙宅では視聴できないレベルにまで落ちてしまっているのではないかと思います。

 

以前に配信会社(スカパー光)に問い合わせたときは

以前、ここまでひどくない頃に、管理会社に相談したことがありました。

ブロックノイズが出る旨マンション管理会社に連絡したところ、配信会社の「スカパー光」に問い合わせて欲しいとのことでした。

で、電話番号を教えてもらい、早速かけました。

スカパー光 「今、症状がでていますか?」

電話をかけた時には天気が回復し、受信状態も改善していました。

私 「今は回復しています」

スカパー光 「では、症状が出ているときにもう一度お電話ください」

と、なんとも面倒くさい反応でした。

過去にそんなこともあったこともあり、今回は手っ取り早く自力で解決する方法を先に考えてみることにしました。

次ページ:電波を増幅して信号を強くする、便利な機械「ブースター」

マンションのバルコニー(ベランダ)に水道を引いた2(施工)

前回はこちら(水道設置の考え方、設計図、材料、工具等)

バルコニーミスト設置はこちら

水道部品のネジの種類説明はこちら

5.施工

今回は10ページの超長文です。^^;

天井裏、壁裏には、中に入って作業することができないため、特殊な工夫が必要です。

拙宅の場合、ダウンライト(照明)の穴が配管予定ルートの近くにありましたので、これを利用して、ヒモを通します。

一気に通せないため、下図のように、区間ごとに分けて通すことにしました。

ヒモ通しルート図

作業段取りはこんな感じです。(工具や材料の説明は前回参照)

  • ダウンライトをはずす
  • 塩ビ管を通す(必要に応じて)
  • 通線ワイヤを通す
  • 通した通線ワイヤの頭にヒモを結びつける
  • 通線ワイヤを引き戻す = ヒモが通る
  • ①~③で同じことを繰り返す。
  • ヒモに架橋ポリエチレン管をガッチリ結びつける。
  • 結んだ側と逆側からヒモを引き戻し、架橋ポリエチレン管を通していく。
  • リビング天井に④の出口の穴を開ける(ダウンライトから50cmの距離)
  • ダウンライト穴から架橋ポリ管を出口穴に移す。
  • 架橋ポリエチレン管の継手金具を接続する。
  • トイレ側の分岐、接続
  • リビング側接続
  • 通水・耐圧テスト(水漏れ箇所確認)

水道部品のネジ種類の説明や、施工のコツなどはこちらにまとめています。

マンションのバルコニー(ベランダ)に水道を引いた1

前回、ミスト設置工事時の部品紹介はこちら。

前々回、バルコニーにミスト設置2はこちら。

今回の記事は長いので先に目次を。

  1. マンションのバルコニー(ベランダ)まで水道を引く(序文)
  2. 設計図(部品配置)
  3. 材料
  4. 工具
  5. 施工(次回

1.マンションのバルコニー(ベランダ)まで水道を引く

前回ミストノズルをバルコニーに設置しましたが、使うたびに屋内からホースを引っ張ってミスト、というのは運用上絶対にあり得ないです。

拙宅のバルコニーには水道が来ていないので、水道管を引っ張ってくる必要があります。いろいろ検討した結果、屋内で水道を分岐して天井裏を這わせ、エアコンパイプ用の貫通孔からバルコニーに通す方法を考えてみました。

前々々回記しましたが、水道管を通すルートに、少なくともヒモが通るかどうかは確認した上で、ミストを設置しました。)

マンション縦断面図

床下にスペースはなく、見えないように配管するためには、天井裏しかありませんでした。下図のように配管します。

配管図

天井裏の普段見えない箇所には、配管継ぎ目(漏水事故の元)を作りたくないので、架橋ポリエチレン管を使います。

先に施工後完成写真を貼ります。

バルコニーの蛇口は散水栓のプラグにしました。 ホームセンターで数百円です。

バルコニーの蛇口は散水栓のプラグにしました。
ホームセンターで数百円です。

sDSCN3937

プランターの水やり、ガラス・サッシ、バルコニーの掃除が楽になりそうです。ミストノズルも見えます。

トイレの分岐前写真。

トイレの分岐前写真。

分岐して、新たな壁穴に水道管を通したところ。 まだ壁固定が綺麗にできていません。

トイレ水栓を分岐して、新たな壁穴に水道管を通したところ。
まだ壁固定が綺麗にできていません。分岐直後にバルブを付けました。

このトイレの壁の向こう側に、架橋ポリエチレン管の水道管を通しています。行き先はリビング側の天井です。

リビング側天井の新たな水道栓。 天井に水道栓ですので、極めて異質です。(笑)

リビング側天井の新たな水道栓。
天井に水道栓ですので、極めて異質です。(笑)

エアコン貫通孔からバルコニーに引き出したところ。 とりあえず、フレキホースでつなぎましたが、もう少し綺麗にやり直すつもりです。

エアコン貫通孔からバルコニーに引き出したところ。
とりあえず、フレキホースでつなぎましたが、もう少し綺麗にやり直すつもりです。下の白い太い配管はエアコン配管です。

バルコニー側から見たところ。

バルコニー側から見たところ。下はエアコン配管です。

このリビングの天井の水栓の向こうに、架橋ポリエチレン管を配管しています。行き先はもちろん、先述のトイレの壁です。

これで、トイレで分岐した水道が、バルコニーに達しました。まずは完成後イメージでした。

バルコニーのミスト配管の記事はこちら。

2014年7月の当ブログへのアクセス状況

右肩上がりです

先月、平成26年(2014年)7月のアクセス状況です。

201407

おかげさまで、7月はアクセス数が大幅増でした。

過去も波打ちながらも右肩上がりです。ほんとに、こんな風に増えてくるとブログを続けてよかったなと思います。
(3,4ヶ月サボった時期もありましたが)

自宅サーバに仕掛けているアクセス解析ソフトAwstatsによると、
ブログを開始した昨年9月は、1ヶ月の訪問者数が235人。先月7月は7462人でした。11ヶ月で30倍となりました。

GoogleAnalyticsではそれぞれ、26人、3529人です。スパム的アクセスにフィルタが掛かっているっぽいです。(GoogleAnalyticsは複雑すぎて全部を理解できていません)

検索キーワードによってはgoogle検索結果の1位、2位に上がる記事もチラホラ出始めました。

当時は、ここまで読んでくださる方が増えるとは思っていませんでした。

なんというか、ますますブログを続ける意欲が沸いてきます。

というわけで、以上、不定期のアクセス状況報告でした。

ミスト設置に使った部品、工具、施工方法等(水道工事)

前回、ミストノズル設置はこちら

水道部品のネジの種類の違い

部品を紹介するのに先だって、水道部品のネジのタイプの違いについて説明します。

「テーパネジ」「並行ネジ」です。形状は似ていますが、密閉を保つための機構が違います。

テーパネジと並行ネジの違い

テーパネジと並行ネジの違い

テーパネジ(R)

オスは、付け根に近くなるほど、太くなる形状ですので、ネジを回して奥に入るほど締まっていきます。

締めにより密閉度を上げて水漏れを防ぐ機構です。

ただし、硬い金属ネジ同士をどんなに締めても、微細な隙間ができ易いので、柔らかいシールテープを間に挟んで密閉度を上げます。

オス側に1~2回巻いて、後は締め込みます

巻数を増やして、締め込み後の部品の回転位置を調整することもできます。

カタログなどでは、ネジの種類に「R」と表記します。

シールテープはたいていのホームセンターの水道用品売り場においてます。

テーパネジにシールテープを巻いたところ。 ちょっと巻きすぎですね。

テーパネジにシールテープを巻いたところ。
ちょっと巻きすぎですね。左側がテーパネジ(R)です。右側は並行ネジ(G)です。

並行ネジ(G)

ネジの径はどこまで行っても同じです。ねじを締めただけでは密閉しません。

接合部にリング状の「ゴムパッキン」や「ガスケット」を挟んで、これをネジで圧迫して密閉を確保します。

シールテープは使いません。

ゴムパッキンなどは柔らかいので、バカみたいに強く締めると、ゴムパッキンが潰れて傷んでしまい、返って水漏れの原因となります。

ゴムパッキン

ゴムパッキン

並行ネジの「フレキホース」のメス側の内側。 黒いのがゴムパッキンです。

並行ネジの「フレキホース」のメス側の内側。
黒いのがゴムパッキンです。

このニップルの左側が並行ネジです。 右側はテーパネジ。

このニップルの右側が並行ネジです。
左側はテーパネジ。(R/G)

ミストノズルの設置に利用した部品

塩ビ管関連部品

塩ビ管等、今回は内径13mmのサイズのものを使用しました。一般家庭内の水道管は13mmで十分だと思います。

塩ビ管の部品サイズも内径で記されています。

通常塩ビ管はねずみ色ですが、今回は高圧用の深緑色のものを使っています。対して値段が高くないのと、見た目が少しはマシだったので、これを選びました。

塩ビ管(高圧)の部品1 下の細長いのが塩ビ管。短く切っています。

塩ビ管(高圧)の部品1
下の細長いのが塩ビ管。短く切っています。

下の細長いのがいわゆる塩ビ管です。2mや4mの長いサイズで売っています。切って使います。

三つ叉に分岐したり、曲げたり、延長したり、フタをしたり、いろいろできます。1個数十円です。

塩ビ管部品2 水道のネジ部品との接合のための部品です。

塩ビ管部品2
水道のネジ部品との接合のための部品です。

他の水道部品(バルブやニップル)と接続するためのネジ部品です。

金属(真鍮)の使われている部品は多少高く、150円~400円と、幅があります。

塩ビ一体構造の部品は数十円です。

ネジは根元ほど太くなるテーパネジです。シールテープを併用します。

塩ビ管部品3 曲げとネジの組み合わせ

塩ビ管部品3
曲げとネジの組み合わせ

ねじ部品もいろいろあります。適材適所で。

塩ビ管の部品は近所のホームセンターで扱っていないものがあったり、値段も高かったので、こちらで購入しました。

特に、金属製ソケット部品が随分安かったです。

 

ミストノズルはこちら

ミストノズル

ミストノズル

同じ、高圧塩ビ管部品でした。こちらで購入しました。

カクダイ 噴霧ノズル(13) (576-111)

カクダイ 噴霧ノズル(13) (576-111)
価格:1,780円(税込、送料別)

塩ビ管用接着剤

塩ビ高圧用接着剤

塩ビ高圧用接着剤

専用接着剤を使います。溶剤タイプなので、塩ビ管を溶かして接合します。

接合する部品の双方に塗ります。

sDSCN3273 sDSCN3271

 

その他の水道部品

ボールバルブ

ボールバルブ(R/R)

ボールバルブです。ネジを回せば水を止められます。各所に配置します。

このバルブのネジは両側がテーパタイプ(R)です。

今回は、塩ビ管の間に何カ所かバルブを挟みました。塩ビ管のメスネジ部品は「テーパネジ」ですので、上記のような両端がテーパネジになっているバルブを選びました。設置イメージはこんな感じ。

両側がテーパのバルブ

両側がテーパのバルブ

 

sDSCN3120

ボールバルブ(G/R)

このバルブは、左が並行ネジ、右がテーパネジのバルブです。シールテープを巻いた後に撮影しました。

今回は水道の蛇口にこれを使いました。写真左の部品(並行ネジ)は、散水器具のアダプタ部品です。こいつを付けるために片側が並行ネジのバルブを選びました。

設置イメージはこんな感じ。

左が並行、右がテーパです。(G/R)

左が並行、右がテーパです。(G/R)

ニップル

いろいろ

ニップル上はR/G。
ニップル下はG/G。

上は、左がテーパ(R)、右が並行(G)、

下は、左右とも並行ネジ(G)です。

オス・メス変換や、テーパ・並行の変換などに使えます。100円程度。

バルブやニップル、フレキホースなどはこちらで購入しました。

工具

塩ビ管カッター

塩ビ管カッター

塩ビ管カッターです。塩ビ管に噛ませて、グルグル回します。回しては締め、回しては締め、を繰り返します。

sDSCN3907

ホームセンターで1000円くらいで買いました。

その他の工具

その他の工具。モンキレンチとノギス

モンキレンチ(もしくはスパナ)は必須です。

片側が必ずしも固定されているとは限らないため、2本必要になります。

ナット径がいろいろなので、ネジで径を変えられるモンキレンチが汎用性が高くてよいと思います。

ノギスは必ずしもなくても大丈夫ですが、あると便利です。

 くれぐれも、サイズを間違えないように!

45度エルボ。 20サイズと13サイズです。

45度エルボ。
20サイズと13サイズです。

注文時にサイズを間違うと全く使えません。間違って内径20mmのエルボを買ってしまいました。

注文画面では似たような部品がたくさん並びますので、写真のみでなく、きちんとサイズを確認しましょう。

ミストノズルをマンションバルコニーに設置してみた2

前回ミストノズルの設置前準備、はこちら

天井裏に水道管配管はできそう

前回、バルコニーにミストノズルを設置する前提として、バルコニーまで水道管を配管できるかどうかを確認することとしました。

結果はOK。トイレのダウンライトから、エアコン用貫通孔近くのダウンライトまで、ヒモを通すことができました。

ヒモ通しは、それはそれで大変だったんですが、これは別記事でご紹介します。こんな道具を使いました。

通線ワイヤーです。

通線ワイヤーです。広い場所では直進しないので、塩ビ管と組み合わせてなんとか通しました。

ダウンライトの穴から通線ワイヤが顔を出したところ。

ダウンライトの穴から通線ワイヤが顔を出したところ。

こんな感じでヒモ通ししましたが、詳しくは別記事で。

ミストノズルをマンションバルコニーに設置してみた(設置の前段)

前回はこちら

 ミストノズルの設置の前に、バルコニーに水道が引けるか確認

6月末にミストノズルの試験をしましたが、7月に入って父親の癌発見のため、この件が止まっていました。少し落ち着いたので再開です。

前回、ノズルの様子は確認したので、ノズルと塩ビ管部品を追加注文し、とりあえず設置することにしました。

が、拙宅マンションのバルコニーには水道栓がありません。(設置しましたけど

今後ミストを設置運用するなら、バルコニーに水道管を配管できることが前提条件になります。

普通ならここであきらめですが、諦めません。可能性を検討しました。

最もバルコニーに近いトイレの水洗を分岐し、天井裏を配管し、エアコン用の貫通孔を使えないか、調べてみました。ダウンライトを外し、デジカメを突っ込んで写真を撮り確認したところ、だいたいこんな感じでした。

拙宅マンションの縦断面図。うまいことコンクリート壁に貫通孔があります。 水道管が通るか。

拙宅マンションの縦断面図。コンクリート壁に5cm程度の貫通孔があります。
水道管が通るかな。

マンションのコンクリート壁は構造材になっていて、穴開けなどは不可です。既存の穴を利用するしかありません。

難所はトイレと引っ込み棚の間のコンクリート壁。5cm程度の配線用貫通孔がありますので、ここを通せれば後は何とかなると思います。

ちなみに、ダウンライトの穴からデジカメを突っ込んで撮った写真はこちら。

ダウンライトです。 ダウンライトでなくても、照明器具の裏にはだいたい穴が空いています。

ダウンライトです。
ダウンライトでなくても、照明器具の裏にはだいたい穴が空いています。

ダウンライトを外したところ。 あの穴にデジカメを突っ込みます。

ダウンライトを外したところ。
あの穴にデジカメを突っ込みます。

こういうタイプのダウンライトもあります。複雑ですが必ず外せます。

こういうタイプのダウンライトもあります。複雑ですが必ず外せます。

トイレのダウンライト穴から撮影。 トイレからトイレ横のコンクリート壁に向かっています。 右半分は換気扇のダクト。 正面の茶色はトイレ壁の石膏ボードのあまりです。

トイレのダウンライト穴から撮影。
トイレからトイレ横のコンクリート壁に向かっています。
右半分は換気扇のダクト。
正面の茶色はトイレ壁の石膏ボードのあまりです。

もう少し手を伸ばして、高い位置から撮影。 コンクリート壁にある「貫通孔」が見えました。 隙間はあるようです。

もう少し手を突っ込んで、高い位置から撮影。
コンクリート壁にある「貫通孔」が見えました。
隙間はあるようです。右寄りの縦配管は排水管です。

リビングのダウンライト穴から撮影。 天井裏は高さ30cmくらいはありそうです。

リビングのダウンライト穴から撮影。
天井裏は高さ30cmくらいはありそうです。

水道管の配管はこんな感じにできればと思います。

水道管配管図

壁の裏領域(トイレの壁裏から、リビングの天井裏の間)では、水漏れなどが怖いので、継ぎ目のない「架橋ポリエチレン管」を使おうと思います。

架橋ポリエチレン管。 「架橋」は素材の分子構造を指しているそうです。

架橋ポリエチレン管。
「架橋」は素材の分子構造を指しているそうです。 被服を入れてΦ3cm弱です。

芯材のような白いチューブが架橋ポリエチレン管です。青いのは被覆で断熱材です。結露防止になると思います。

また、架橋ポリエチレンは日光で劣化するらしいので、露出部には向かないかも知れません。

塩ビ管より柔軟性があるので、取り回しは少しは楽だと思います。塩ビ管より値が張ります。

壁の内側の配管の作業は次のような感じです。

  1. 配管を通すルートにヒモを通す。
  2. ヒモに管を結びつけ、ヒモを引っ張って管を通す。
  3. 管の両端に口金を取り付ける。

水道管が実際に配管できるかは、1のヒモ通しができるかどうかに大きくかかっています。見えないところにヒモを通すのはとにかく大変です。「ヒモを通せたらミストを設置する」こととしました。

長くなったのでいったん切ります。

次回は本当にミスト設置です。

Bフレッツのフレッツ光ネクスト巻き取り(強制移行)とIPoEの利用

※2014/7/30追記:Bフレッツから強制移行されたCOP系のフレッツ光ネクスト回線は、フレッツ光ライトに移行してもIDはCOP系のままで、CAF系に変更されることはないそうです。
読者の方からNTT東日本に確認した結果として、情報をお寄せいただきました。

Bフレッツ(地域IP網)のフレッツ光ネクスト(NGN)への巻き取りが進行中

昨年7月にNTT東日本が発表して以来、Bフレッツをフレッツ光ネクストに自動(強制)移行する取り組みが進行しているようです。

NTT東日本の地域単位でガンガン移行をかけているようです。 現状の利用状態がほとんど影響を受けないよう、多大な配慮を行っているようです。

「お客様ID」は「COP・・・」のまま移行される

当ブログにお寄せいただいた情報によると、この自動移行の対象になったBフレッツ回線は、回線ごとに割り振られている「お客様ID」が「COP・・・」のまま、フレッツ光ネクストに移行されるようです。 現状に影響を与えないことを優先した結果なのだと思います。 回線ごとに割り当てられる「お客様ID」はこんな感じで割り振られていました。

これまで

  • フレッツ光ネクスト : CAFで始まる全13桁
  • フレッツ光ライト : フレッツ光ネクストと同じ
  • Bフレッツ : COPで始まる全11桁

お客様IDは、フレッツに関するサービス申込み等で利用される、回線を識別するための番号です。 COP=Bフレッツ、というのが従来の理解でしたが、今回の巻き取りで必ずしもそうでは無くなったようです。差し詰めこんな感じでしょうか。

強制移行開始後

  • フレッツ光ネクスト : CAFで始まる全13桁/COPで始まる全11桁
  • フレッツ光ライト : CAFで始まる全13桁
  • Bフレッツ : COPで始まる全11桁

※NTTに確認していませんので、悪しからず。

IPoE(ネイティブIPv6)オプションや、v6プラスなどは、プロバイダによっては申込み不可

フレッツ光ネクストに変更されれば、Bフレッツでは利用できなかったネイティブ方式のIPv6(IPoE)でのインターネットアクセスや、IPoE上で提供されるv6プラス(IPv4 over IPv6)などが利用できる・・・はずですが、現時点ではプロバイダによって対応が別れているようです。

  • IIJ-mio FiberAccess/NF : COPの光ネクストでもIPoE申込み可能ここ。
  • @nifty : COPの光ネクストでは申込みできないここ。
    • ※1.NTT東日本のお客様IDが「COP」から始まるお客様は、ご利用中の光ファイバー回線がフレッツ 光ネクスト回線の場合でもIPv6接続オプションをご利用いただくことができません。

@niftyと同じJPNE傘下のBIGLOBEでも、@niftyと同様の記述がありました。 技術的には可能なはずですので、JPNEのネットワークの対応がまだなのか、もしくは申込み受付システムが間に合っていないのか、どちらかという気がします。(未確認です)

COPの光ネクスト利用者がIPoEを利用する方法

現時点(2014/7/29)では、以下の2つの方法かと思います。NTTやプロバイダに確認したわけではありませんので、ご利用の際は必ずご自分で事前にご確認をお願いします。

  • プロバイダをIIJ-mioに変更する

前段で記したとおり、IIJ-mioはCOPでのIPoE利用の申込みができるようです。こちらにプロバイダを変更する手がありそうです。もともとこのサービスを利用されているのであれば、何も問題無いですね。

ただし、IIJ-mioには、v6プラス(IPv4 over IPv6)はありません。

@nifty等より、プロバイダ利用料が若干高めです。

  • CAFで始まる回線に変更する ※後日追記:冒頭に書いた通り、これはできないようです。

正規に推奨される方法ではありませんが、NTTのフレッツ契約を以下のように変更していくことで、CAFの回線に変更できる可能性があります。

      1. フレッツ光ネクスト(旧Bフレッツ)→フレッツ光ライト
      2. フレッツ光ライト→フレッツ光ネクスト

変更した結果でCAFのお客様IDに変更されるかどうかは、事前にNTTに確認された方がよいと思います。

NTT東日本のフレッツサイトによると、フレッツ光ネクストやBフレッツから、フレッツ光ライトに変更する場合、1回限りにおいて、工事費24000円が無料となります。この変更裏技についてはこちらにも記事を残しています。 フレッツ光ライトからフレッツ光ネクストへの変更も、工事費0円です。フレッツ光ライトは「上限付き従量料金」のフレッツサービスです。 地域IP網でのライト相当のサービスがありませんので、フレッツ光ライトに変更した時点で、「地域IP網由来」のNGNではなく、従来の「純正」NGNに収容替えされるのではないかと思います。この時点でCAFで始まるIDに変更されると思います。

いつまでもCOP回線の放置はないと思いますが・・・

上記のように、Bフレッツから自動移行されたCOP回線のユーザは、IPoEを使いたくても多少の制限がつきまといます。 ですが、JPNEにしても@niftyにしても、IPv6普及推進を総務省の研究会で宣言していますし、大量の旧Bフレッツユーザを放置し続けることはないと思います。 しばらく待てば、日和がやってくると思います。 ですが、「それでも待てない!」という人や、私のような「新しもの好き」の人にとっては上記はおもしろい選択肢なのでは無いでしょうか。 もし、試された方がいらっしゃいましたら、うまくいったかどうか、情報共有いただけると幸いです。私自身は「1回限りの工事費無料」権を行使してしまっているので試せません・・・

7/12 父の肺癌の診断結果:肺腺癌、TNM分類「Ⅱb」

前回はこちら。

次回はこちら。

※当記事にある情報の最新版はこちらの固定ページに

診断結果 : 肺腺癌、TNM分類「Ⅱb」

7/12に父親に同行して病院に行き、説明の場に同席しました。他の兄弟も同席。母親は自宅待機。

診察結果と、情報収集を経た結果の質疑応答の結果は以下の通り。

診察結果の主旨:

  • 肺癌。陽性。右肺。
    (「細胞診」という言葉を使っていたかと)
  • 余命はわからない。
  • 肺癌の種類は腺癌。
  • 肺門リンパまで転移あり。肺門リンパと原発巣は一体化して塊になっている。
  • 遠いリンパへの転移はなし。(PET検査の結果)
  • 別器官へのへの転移なし。(PET検査の結果)
  • TNM分類で Ⅱb(敢えて聞いたら教えてくれた。つまり原発巣は5cm~7cmということ)
  • 癌によって気管が塞がれているということは、内視鏡検査で無いことを確認している。

治療の選択肢:

  1. 手術→困難
    • 完治の可能性がある唯一の手段
    • 30年前の食道癌の手術で動脈と癌が癒着している可能性が高く、右肺全摘出となる可能性があり、そうなると最低維持のための肺活量を満たせなくなり、通常の生活は送れなくなる。
    • 癒着しているかどうかは、胸を開いてみないとわからない。
  2. 化学療法(抗癌剤)
    • 化学療法では完治はしない。進展を抑えるだけ。
    • 手術ができない以上、放置していれば癌は進展するため、化学療法で抑える考え方。
  3. 放射線治療
    • 化学療法同様、完治はしない。進展を抑えるだけ。

2.を行うことが現実的、との主治医の意見。

主治医への質問と回答:

  • 手術ついて

    • 一度胸を開いて、癒着状況を見て、手術を進めるか、閉じるかをその場で判断することも可能か?
      • 可能。
      • 癒着の懸念箇所は他にもあり、強くは勧めない。
      • 手術の場合は○○病院の○○医師を紹介する。
      • セカンドオピニオンを聞く希望があれば紹介する。
  • 化学療法について

    • 「少量」の程度と他の病院の標準的な量(ガイドライン)との関係は?
      • 75歳以上の肺癌治療ガイドラインは無いので、各病院治療方針は医者の判断。
      • この病院では、ガイドラインによらない高齢者の少量抗癌剤の経験を積んでいて、その知見を生かして治療することになる。
      • 健康に生活を送れる期間をできるだけ長くすることを目指す。
      • 大学病院ではデータを採るための治療が多く、その場合は個人の容態に合わせた抗癌剤の量の調整はしにくい。
      • 大病院で患者が多い場合、特定個人の様子をみながらの量の調整などは現実的に難しくなる。(要は、この病院では個人の容態に合わせて調整すると言っている)
    • 具体的な治療による拘束期間は?
      • 10日入院、2回点滴。1ヶ月ごとにこれを繰り返し。入院が望ましいが必須ではない。
      • 「副反応」が出ない少量の抗癌剤で治療を続ける。
    • 死ぬ前にある場所に旅行に行くことが目標の一つ。これに支障がでるような副作用が出ることはないか?
      • 旅行に行けないほどの副反応が出るような治療は、しない。旅行は問題ない。
    • どうしても抗癌剤治療が辛い場合、途中で止めることはできるか?
      • 治療の実施、継続はあくまで本人の選択。治療しない、治療を止める選択肢は当然ある。
  • 無治療の生存期間の統計データについて

    • 治療を受けるかどうか判断するために、無治療での(5年生存率、生存期間中央値などの)統計データがあるとよいが、そういうものはないか?
      • 基本的に無い。
      • 測定するとしたら病院となるが、統計的に意味あるほどの大量の治療しない人のデータを採るのは、そもそも困難だから。治療しない人は病院に来なくなる。(そう言われればそうだ)
  • 研究レベルで癌に効果があるといわれる既存薬について

    • スルファサラジンが研究レベルで癌幹細胞に効果があるとされているが、そういう薬を出せるか、相談は可能か?
      • 相談可能。
  • CTデータ、PETデータのコピーが欲しい。

    • CT写真を貸すことは可能。
    • データのCD焼き込みは技術的に可能か確認が必要だが、できるなら構わない。
    • PETのデータはここにあるCDを貸すので、コピーしてもらって構わない。

診断結果を受けて

説明は、大変丁寧なものでした。こちらの疑問には全て言葉を尽くして説明をしていただきました。
父にも我々家族にも、誠実な姿勢で臨んでいただいたと感じました。

この病院は割と大きな病院ですが開業医で、医大病院などと比べれば規模は小さいです。
大病を患えば大病院に行きたがる世の風潮を考えると、できる限り患者個々の要望に応えるというのは大病院との差別化ポイントなのだろうと思います。

医者との会話を続けながら、この病院での抗癌剤治療を受けることに対して、明らかに疑問や不安が解消していくのが、父の表情を見ていてわかりました。

最初の父との申し合わせ通り、一旦は持ち帰って、後日決断を伝えることにしましたが、帰宅の車中で、ほぼ結論は出た雰囲気になりました。

  • 手術はしない。試しに開けることもしない。癒着がなく部分切除で計算上いけたとしても、何が起こるかわからないリスクは常にある。
  • 抗癌剤治療を受けたくない理由は、副作用によって健康的な生活を送れなくなるからだったが、その副作用が出ないことを目標に治療すると言っている。
  • 癌放置の場合の懸念は癌の進展だったが、治療を受ければこれを遅らせられる可能性がある。
  • 抗癌剤治療で「治癒はしない」とのことだった。治癒の可能性があるかも知れないスルファサラジンなどをダメ元で試してみたいと思っていたが、相談に乗れると言っている。

本当に副作用が出ないのか、自覚の無い副作用で健康を害することはないのか、癌の進展を遅らせる効果はあるのか、などなど、完全に懸念が無いわけではないけれども、まずは医者提案の化学療法を受けてみて、様子を見てみることにしました。

スルファサラジンとメトホルミンは、抗癌剤治療の前にしばらく飲んでみて、副作用などが出ないか様子を見たいところです。ここは次回医者と相談になります。

とりあえず、前進

とりあえず、意外と病状が進行していなかったことと、家族揃って結論に至ったことで、帰宅後は緊張の糸が切れたような、妙な開放感に包まれていました。

癌が無くなったわけではないのですけどね。

現状を把握し、方針が決まったので、まずはみんなで前に進むだけです。

今は別々に住んでそれぞれに家庭を持っている親兄弟が顔を合わせ、かつての家族の一体感・信頼感を確認することができました。

父も母も、嬉しそうにしているように見えました。

困難な中に幸せを見出した瞬間でした。

 

次回はこちら。 「父の肺癌は縮小(発見から4ヶ月)。イレッサが効いている?」