フレッツ光ライト

IPv6

v6プラスでISP事業者の存在価値は・・・

v6プラス関連記事はこちら ところで、v6プラスは、今となってはユーザのメリットは薄れてきた v6プラスは、プロバイダの事情で導入されたものの、IPv4のPPPoE接続で1Gbpsの接続速度が得られるため、我々エンドユーザにはメリットが...
IPv6

Bフレッツのフレッツ光ネクスト巻き取り(強制移行)とIPoEの利用

※2014/7/30追記:Bフレッツから強制移行されたCOP系のフレッツ光ネクスト回線は、フレッツ光ライトに移行してもIDはCOP系のままで、CAF系に変更されることはないそうです。 読者の方からNTT東日本に確認した結果として、情報をお...
IPv6

@niftyのv6プラスを再度申し込んだ(2回目)・開通後追記

H26/7/29追記:COPの光ネクスト回線ユーザのIPoE利用に関する記事を起こしました。 このブログ、嬉しいことに「v6プラス」のキーワードで検索上位に現れるようになりました。 その割には当ブログには、v6プラスの申込時の情報が...
IPv6

Bフレッツ→フレッツ光ネクスト(マンションタイプ)の工事費節約技(東日本限定)

※H26/7/29追記:Bフレッツから光ネクストへ強制移行されたユーザのための、IPoE利用のための関連記事を起こしました。 ※H25/11/6追記:調査不足でした。 NTT東日本は、7/25にBフレッツをフレッツ光ネクストに移行す...
広告
タイトルとURLをコピーしました