ミスト」タグアーカイブ

マンションのバルコニー(ベランダ)に水道を引いた2(施工)

前回はこちら(水道設置の考え方、設計図、材料、工具等)

バルコニーミスト設置はこちら

水道部品のネジの種類説明はこちら

5.施工

今回は10ページの超長文です。^^;

天井裏、壁裏には、中に入って作業することができないため、特殊な工夫が必要です。

拙宅の場合、ダウンライト(照明)の穴が配管予定ルートの近くにありましたので、これを利用して、ヒモを通します。

一気に通せないため、下図のように、区間ごとに分けて通すことにしました。

ヒモ通しルート図

作業段取りはこんな感じです。(工具や材料の説明は前回参照)

  • ダウンライトをはずす
  • 塩ビ管を通す(必要に応じて)
  • 通線ワイヤを通す
  • 通した通線ワイヤの頭にヒモを結びつける
  • 通線ワイヤを引き戻す = ヒモが通る
  • ①~③で同じことを繰り返す。
  • ヒモに架橋ポリエチレン管をガッチリ結びつける。
  • 結んだ側と逆側からヒモを引き戻し、架橋ポリエチレン管を通していく。
  • リビング天井に④の出口の穴を開ける(ダウンライトから50cmの距離)
  • ダウンライト穴から架橋ポリ管を出口穴に移す。
  • 架橋ポリエチレン管の継手金具を接続する。
  • トイレ側の分岐、接続
  • リビング側接続
  • 通水・耐圧テスト(水漏れ箇所確認)

水道部品のネジ種類の説明や、施工のコツなどはこちらにまとめています。

マンションのバルコニー(ベランダ)に水道を引いた1

前回、ミスト設置工事時の部品紹介はこちら。

前々回、バルコニーにミスト設置2はこちら。

今回の記事は長いので先に目次を。

  1. マンションのバルコニー(ベランダ)まで水道を引く(序文)
  2. 設計図(部品配置)
  3. 材料
  4. 工具
  5. 施工(次回

1.マンションのバルコニー(ベランダ)まで水道を引く

前回ミストノズルをバルコニーに設置しましたが、使うたびに屋内からホースを引っ張ってミスト、というのは運用上絶対にあり得ないです。

拙宅のバルコニーには水道が来ていないので、水道管を引っ張ってくる必要があります。いろいろ検討した結果、屋内で水道を分岐して天井裏を這わせ、エアコンパイプ用の貫通孔からバルコニーに通す方法を考えてみました。

前々々回記しましたが、水道管を通すルートに、少なくともヒモが通るかどうかは確認した上で、ミストを設置しました。)

マンション縦断面図

床下にスペースはなく、見えないように配管するためには、天井裏しかありませんでした。下図のように配管します。

配管図

天井裏の普段見えない箇所には、配管継ぎ目(漏水事故の元)を作りたくないので、架橋ポリエチレン管を使います。

先に施工後完成写真を貼ります。

バルコニーの蛇口は散水栓のプラグにしました。 ホームセンターで数百円です。

バルコニーの蛇口は散水栓のプラグにしました。
ホームセンターで数百円です。

sDSCN3937

プランターの水やり、ガラス・サッシ、バルコニーの掃除が楽になりそうです。ミストノズルも見えます。

トイレの分岐前写真。

トイレの分岐前写真。

分岐して、新たな壁穴に水道管を通したところ。 まだ壁固定が綺麗にできていません。

トイレ水栓を分岐して、新たな壁穴に水道管を通したところ。
まだ壁固定が綺麗にできていません。分岐直後にバルブを付けました。

このトイレの壁の向こう側に、架橋ポリエチレン管の水道管を通しています。行き先はリビング側の天井です。

リビング側天井の新たな水道栓。 天井に水道栓ですので、極めて異質です。(笑)

リビング側天井の新たな水道栓。
天井に水道栓ですので、極めて異質です。(笑)

エアコン貫通孔からバルコニーに引き出したところ。 とりあえず、フレキホースでつなぎましたが、もう少し綺麗にやり直すつもりです。

エアコン貫通孔からバルコニーに引き出したところ。
とりあえず、フレキホースでつなぎましたが、もう少し綺麗にやり直すつもりです。下の白い太い配管はエアコン配管です。

バルコニー側から見たところ。

バルコニー側から見たところ。下はエアコン配管です。

このリビングの天井の水栓の向こうに、架橋ポリエチレン管を配管しています。行き先はもちろん、先述のトイレの壁です。

これで、トイレで分岐した水道が、バルコニーに達しました。まずは完成後イメージでした。

バルコニーのミスト配管の記事はこちら。